施術メニュー 施術メニュー

『クリントジュネス』は、細やかなケアの診療・豊富な施術メニューで、患者さまを理想の自分へ導くお手伝いをいたします。

  1. トップ
  2. 施術メニュー
  3. 多汗症・わきが

わきがの施術メニュー

■ボトックス注射(多汗症・腋臭症)について

メスを使わない多汗症&わきが治療”として人気の「ボトックス注射」。外科手術ではないので傷跡が残らず、簡単にスピード治療できると注目を集める治療法です。

多汗症や腋臭症が軽度~中度の方は、ボトックス注射でも十分に効果が期待できます。汗をかきやすい夏場の間だけなど、期間限定でニオイや汗を抑えたい方にもおすすめです。

そんな「ボトックス注射(多汗症・腋臭症)」の特徴や効果をはじめ、副作用などのリスク、治療の流れ、費用など、巷で話題の治療について詳しくご紹介します。



多汗症・腋臭症(わきが)とは

冬場でも汗の量が多くて汗ジミができたり、緊張やストレスを感じると大量に汗をかいたりするなど、日常生活に支障をきたすほど汗をかいてしまうのが「多汗症」です。

多汗症の原因としては、主に精神的ストレスが挙げられます。ストレスや緊張、不安を感じると、交感神経が優位になり、汗腺の働きが強まります。そのため、交感神経が敏感な方ほど、多汗症になりやすいと言われています。

その他にも、病気やホルモンバランス・食生活の乱れが原因になるケースもあります。

また、「腋臭症」はよく耳にする“わきが”のこと。人間が出すほとんどの汗は、エクリン線※からの汗で、本来は無臭です。しかし、皮膚の常在菌(雑菌)により分解され、皮脂腺から出た脂肪酸と混ざることで、独特のニオイを発生するようになります。

もう一方のアポクリン腺※から分泌された汗は、ニオイの元となるタンパク質や脂質などの有機物を多く含んでいるため、さらにニオイが強くなります。

※汗を分泌する器官である汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。



ボトックス注射(多汗症・腋臭症)の特徴と効果とは

多汗症や腋臭症(わきが)の改善ができる注入治療です。シワ治療によく利用されるボトックス※をわきに少量ずつ注射することにより、神経終末のアセチルコリン放出を抑え、汗腺の働きを弱めて発汗量を減少させます。

ニオイの元となるアポクリン汗腺や、ニオイを拡散させる原因となるエクリン汗腺の働きを抑える効果もあるため、わきがに悩んでいる方にもおすすめします。

また、わきに注射を打つだけなので、施術時間が両わきで10分程度と短く、手軽なのも魅力。汗腺を切除する外科手術とは異なり、日帰りでの治療が可能です。

ボトックス注射(多汗症・腋臭症)の持続と頻度について

ボトックス注射の効果は、汗腺を取り除くわけではないので永続的ではありませんが、一般的に半年〜1年間ほど持続します※。施術後ゆるやかに効果を実感でき、約2週間で効果が安定してきます。

その後は少しずつ効果が失われてきますので、だいたい半年~10ヵ月に一度、追加注入をする方が多いです。繰り返し注射を行うことで、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の機能が徐々に弱まる効果も期待できますので、持続期間が長くなったり、効果が高くなったりします。

なお、一度にたくさんの量を注入しても持続する期間が長くなるわけではありません。また、症状が安定するまでの約2週間は追加注入ができないので注意しましょう。

※ただし、持続期間は個人差があります。

こんな方におすすめします!

・腋臭症の症状が軽度~中度の方
・手術に抵抗のある方
・短期間でニオイをなんとかしたい方
・仕事がなかなか休めない方
・シャツの汗ジミや黄ばみを抑えたい方

多汗症や腋臭症(わきが)の症状が軽度~中度の場合は、ボトックス注射でも十分効果が出ます。肌の露出が増えて、汗をかきやすくなる夏場の間を狙って、期間限定でニオイと汗の量を抑えたい方にもおすすめです。レーザー脱毛と併用すると相乗効果が期待できます。

ただし、もっとニオイの元から断ちたい方は、外科手術でアポクリン汗腺を取り除くのが確実です。

しかし、外科手術の場合は少なからずデメリットがあります。切開した後の傷やひきつりが生じるリスクが伴うので、外科手術の前に一度ボトックス注射を試して、効果を見てみた方がいいでしょう。



ボトックス注射(多汗症・腋臭症)のリスク・副作用について

もっとも高い頻度で起こるリスクは、注射後の内出血です。とはいえ、極細の針で真皮層に少量ずつ注射するだけなので、ほとんどの人は内出血が出ません。もし内出血が生じてしまった場合も、針の周りに小さな青あざが数日ほど出る程度です。

また、副作用も安全性の高いボツリヌストキシン製剤を使用した場合はほとんどありません。アレルギーテストも不要です。

ただし、リスクは0ではありません。ボトックス特有の副作用として、一時的に体がだるい症状が現れることもあります。もしも程度が強かったり、症状が増してしまった場合は、医師に連絡しましょう。

また、副作用ではありませんが、ボトックス治療後は避妊をしっかりと行いましょう。女性は施術後2回の月経が終わるまで、男性は施術後3ヵ月が過ぎるまでは必ず避妊してください。

ボトックス注射(多汗症・腋臭症)の治療の流れ

1.診察・カウンセリング
施術前に、汗の量やニオイの程度について医師がカウンセリングを行い、注入する部位や量といった治療内容や、手術予定日を決めていきます。
医院によっては術前検査を行うところもあります。
2.同意書の記入
治療内容・施術後の注意点・費用・治療スケジュールなど詳細を説明した後、同意書にサインをします。
未成年の場合は、親権者の同意が必要になります。


3.ボトックス注射
わきの毛が生える範囲で、片わき15~20か所に注射していきます。だいたい両わき約10分程度で終了します。

気になる痛みですが、注入前に表面麻酔のクリームを使用し、さらに極細の針を使用しするのでこれにより施術後の内出血やダウンタイムも軽減されます。

※ただし、施術後の内出血やダウンタイムには個人差があります。


4.終了
約10分ほど患部を冷やしたら、治療は終了です。

治療後の痛みや腫れもほとんどなく、当日からシャワーや入浴も普段通り行えます。過度の運動やサウナで体温を上昇しすぎないようにしましょう。

また、ボトックスの過剰な拡散を防ぐため、数日間は施術した部位を刺激しないように注意してください。


ボトックス注射(多汗症・腋臭症)の費用

料金

50単位

¥120,000+税


100単位

¥180,000+税

治療対象外の方


・妊娠中、授乳中の女性
・妊活していて避妊をしていない女性
・脊髄、末梢神経の病気に罹患している場合

上記のような方は治療を受けることができません。

まとめ

夏場だけでなく、冬場の暖房により汗をかいてしまうなど、年間を通して気になるわきの汗ジミやニオイ。「わきがで人前に出るのが恥ずかしい…」「毎日、大量の汗をかいてしまう」と深刻な悩みを抱えている方におすすめしたい治療法です。

1度のボトックス注射により、半年〜10ヵ月程度も汗がサラサラになって不快感が軽減されるます。

ぜひ一度、ボトックス注射によるニオイ対策を試してみてください。

ご予約・お問い合わせはこちらから 03-3436-4374

ご予約・お問い合わせはこちらから 03-3436-4374

〒105-6204
東京都港区愛宕2-5-1
愛宕グリーンヒルズMORIタワー4階

アクセスマップ

診療日
× ×

診療時間 10:00 - 19:00
※ 水曜・日曜・祝日・年末年始は休診
※ 完全予約制
  詳しくはお問い合わせください

  • クリントジュネス 総合医療サービスはこちら